「自由な時間がない!」という事実を自由に操ろう

 

「結婚だけがゴールじゃないよって言いたい」

 

先日、知人とお茶をしながら知人から出てきた言葉です。

 

この文章を読んで、あなたは何を思いますか?

 

 

結婚はスタートだという人

結婚は墓場だという人

いますね。

 

結婚がゴールだという人がいるのも事実で、これは、その人たちに向けての言葉でした。

 

もちろん受け取る相手の状況やそもそもどんな結婚観を持っているのか?

 

によっても捉え方は人それぞれでしょう。

 

 

私自身は長らく結構願望のない人間で

 

”自由がなくなるから”

 

というのが理由でした。

 

どちらかというと この理由は独身男性からよく聞こえてくるような気もしますが。。。

 

 

 

彼女の言った冒頭の言葉はその前の会話が、

 

独身時代は

 

いかに自由で

いかに自分のことだけ考えていれば良かったか

 

というものでした。

 

 

「結婚して子どもができたら、自分を犠牲にしてでも、まず子ども、まず家族だもん」

 

そう言っていました。

なので

結婚したことによる不自由さ

 

という面に関しての発言だったんですね。

 

かといって結婚を後悔しているということではなく、あくまで、

 

自由な時間

 

という点にフォーカスした時の気持ちのようでした。

 

 

そして今回取り上げたいのは

 

”犠牲” 

 

という概念です。

 

実際私も数年前まで犠牲という言葉を使っており、それがあたりまえだと思っていました。

 

母親とは、妻とはそういうもの。 

 

ましてや働いている人であれば

そうでない人に比べて自由時間というのはさらになくなります。

 

自分の時間を犠牲にして。。。

 

という考え方ですね。

 

犠牲をプラスの意味で使う人はおそらく少ないでしょう。

 

 

自分の時間を犠牲にする

 

それはあたりまえなんでしょうか?

そういうものなんでしょうか?

 

 

母親が自分を優先したら

それはダメな母親なのでしょうか?

 

そもそも自分を優先するとはどういうことでしょうか?

 

この考えにも人によって異なるものです。

 

 

大事なのは

 

子どもを優先したか?

自分を優先したか?

 

とかそういうことではなく、

 

時間

 

をどう使い、どう捉えているか?

 

 

です。

 

例えば、

 

子どもと過ごす
家族で過ごす
家事をする

 

という事実がある

 

このことをどう捉えて過ごすか?

で”犠牲”という概念が生まれたり生まれなかったりする。

 

 

自分の時間を持つ

 

この事実をどう捉えて過ごすのか?

もそうですね。

 

子どもや家族のために時間を使う
自分のための時間を使う

 

どちらであっても、自分も相手も心が豊かに育まれる時間であればいいし、

 

子どもや家族のために使う時間が自分のためになり
自分のために使う時間が家族のためになる

 

そういう考え方もできます。

 

 

と今でこそこんな風に思っていますが、

 

私自身、数年前の育休後の職場復帰以降は

 

時間がない!

自分の時間がない!!

自由な時間がない!!!

 

とそればかり言ってました。笑

 

実際のところ物理的な時間は独身時代に比べて

ないに決まってます。

 

その事実は変えられない。

 

でも!!

 

考え方、捉え方は変えられる。

 

ということに

苦しんで、ぶつかって、責めて、落ち込んで。。。

それなりに傷を負いながら、悔しい想いをしながら、気づき、今に至ります。

 

”時間の流れ”という絶対的なものは変わっていないんです。

しかし明らからに、意識が変わったんです。

心が穏やかで豊かなんです。

 

全てにおいて言えることですが、

 

事実は1つ、捉え方は多数。

 

そして、私たちはいつだって、心だけは自由なんですよね。

 

 

与えられた時間、時間の流れは変わらないのに、
時間を有効活用しながら、さらに心穏やかになる方法をお伝えする、

【「時間がない!」を解消する、ワーキングママのためのデュアル思考講座】

はこちらから↓

YOUTUBEで動画配信やってます!

「仕事を楽しく!」するための、考え方やコミュニケーションのポイント、自分らしさを活かしたキャリア形成など発信しています。

仕事に悩んでいる、職場での人間関係に悩んでいる、自分はこのままでいいのか?本当の自分らしさって?
と、特に、仕事を楽しめていない方や、今の自分に許可を下ろせていない方、に見てほしいです。

そしてチャンネル登録してみてくださいね♪